« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年10月

2011年10月18日 (火)

【2011夏の陣】ギリギリで九州遠征2

いよいよ2011年夏の陣最終日。今日は17時でおしまいなので注意しないと。

Phot6848_0

佐世保 6:00発の長崎行は九州独特のキハ67系、しかも最近旧国鉄色に戻された車両のトップナンバー。まだまだ現役なんですね。
30年近く前に初めてこれに乗ったときは 『(転換クロスシートの)この車両に普通運賃だけで乗れるなんて九州はスゴい』と思ったものです。

早岐で肥前山口行に乗り換え。次の駅で立ち客もでるくらいに。さすがに朝ラッシュ。肥前山口に着く頃には通路までギッシリ超満員。毎日これはキツいなあ。
ほとんどの人が佐賀・博多方面の列車に乗り換え。博多行特急に列んでる人も大勢います。

こちらは1本見送って始発の小倉行に乗車。立つことも覚悟していましたが座れてラッキー。
佐賀に着く頃には通路もいっぱい。佐賀では乗降同じくらいであとは乗る一方。

新幹線が開通した[新鳥栖]を経由し、鳥栖からは快速になって博多へ。さすが九州随一の大都市、ほとんどの人が博多で降りてしまいました。

[小倉]10:02着。ホームにはラーメンの立ち食い店が。関東なら立ち食いそば屋さんがあるポジションに豚骨ラーメンとは! 思わず入店。
おいしかった(^o^)

Phot6856_0
折尾で抜かした門司港行が追いついてきて乗り換え 門司港10:25到着。

国の重要文化財に指定されている駅舎は周囲を圧倒する存在感。

Phot6849_0   Phot6850_0

目的地の [九州鉄道記念館]は駅のすぐ横。1891年に建てられたという煉瓦作りの本館は近代化産業遺産に認定されています。興味深い展示品あり、体験コーナーありとコンパクトによく出来ています。屋外には九州にゆかりのある車両の展示。
行程の都合でサッと一回りでしたが、今度はじっくりみたいなぁ。

さあ、残りの勲章は [由布院]だけになりました。
小倉に戻って特急ソニックに乗れば大分までアッという間ですが、こちらは普通列車しばりの「満喫きっぷ」。

小倉11:21発の日田彦山線・日田行に乗ります。
この2両編成のディーゼルもいわゆる国鉄型。気温も高く、周囲には他の乗客もおらず遠慮なく窓を開けて風を受けながら釈迦岳越え。キモチイイ~! 最近は窓が開けられないタイプばかりで、こんなことするのはいつ以来だろう。

大分県に入り日田で 38分の乗り換え待ちの間にレンタサイクルを借りて、九州の小京都と呼ばれる街並みへ。

Phot6867_0   Phot6866_0

駅に戻って いよいよラストランナー日田 14:12発大分行に乗って・・・

Phot6894_0

15時30分。大勢の観光客で賑わう[由布院]駅で、夏の陣100勲章を達成しました!パチパチパチドンドンド~ン!

Phot6882_0

いつ来ても思うのですが、駅前通りの真正面に由布岳が見えるこの通りの造りは意図してなんでしょうか、たまたまなんでしょうか。 駅が出来たのは大正時代とか。先人に聞いてみたいところです。

Phot6880_0
由布院駅の「改札口が無い改札口」もお気に入りの一つ。

さて、今夜はここで一泊? いやいや。 ゆっくりと温泉めぐり? いやいや。
もちろん泊まりたいところですが さすがに横浜に帰らねばなりません。残念。

大分空港が一番近いのですが予約が取れず。北九州もダメ。福岡空港 21:35発のフライトです。
普通列車しばりだと、来た道を田川後藤寺まで戻って新飯塚経由で博多に戻るのが最速コース。それでも4時間近くかかります。

由布院から日田行に乗って帰路に。
日田駅で地下道をくぐって乗り換えた列車は、高校生が4人ボックスにちゃんと4人ずつ座っても通路までいっぱいなほどの混雑。ちょうど空いていた一角に腰をおろしてやれやれ。
と、なんと。思っていたのと逆方向に走り始めるではありませんか
『ん!?』

そうです。乗り間違えました (>_<) 日田 17:35発の日田彦山線に乗ったつもりが、17:33発の由布院方面に戻る列車に乗っていたのでした。うわ~

日田に戻るにしても、由布院からの次の列車は一時間半後。これではヒコーキに間に合わないのは分かっています。特急が停まる駅はどこだろう? いっそこのまま大分まで出てソニックに乗ったほうが早いかな?

わずかな間に色んなことを考えていると、すぐに次の駅の停車案内が流れます。あ、意外と近い? これなら日田まで歩けるな。
というわけで豊後三芳駅で下車。日田駅まで2kmの道のりを歩いて戻ったのでした(^^;)

日田からは久大本線で久留米に出て鹿児島本線に乗れば予定より30分遅れながらヒコーキには充分に間に合います。ふう~。

間違いついでに、途中の久留米高校前駅から花畑駅まで歩き、西鉄に乗って 国盗りパワースポット巡りの [太宰府天満宮]をGetしたのは怪我の功名(^^;)。朝のJRからは盗れなかったのでした。

こうして無事に福岡空港に到着。21:35発ANA274便に乗って羽田に戻ってきました。

一泊二日の九州でしたが、五泊六日に感じるのはなんでだろう(^^;)

2011年10月17日 (月)

【2011夏の陣】ギリギリで九州遠征1

朝から羽田空港へ。自宅が まるで旅の途中の宿泊地に(^^;)

ANAマイレージ特典で予約した宮崎の初便 6:55発はSNAとの共同運行便。期せずして初ソラシドエア(^O^)

宮崎空港駅で
旅名人の九州満喫きっぷ』を購入。
JRだけでなく、九州の全鉄道の普通列車が3日間乗り放題で10500円
ただし、新幹線とJR特急には乗れません。乗車券から買い直し。

国盗り夏の陣は明日17時まで。最後に琥珀城のいくさがあることを考えると遅くとも20分前には最終陣営に着くべきかなあ。
今から残り32時間。全て普通列車だと間に合わないのでどこかでワープしないといけません。

考えがまとまらないうちに、南宮崎着。ここで[宮崎]の勲章をget.

Phot6765_0
おっ、これはウワサの日南線の観光特急ですね。

特急も普通も発車時間が迫ってくる中、だんだん考えるのが面倒になって(^_^;)、とりあえず南宮崎~[鹿児島中央]を特急「きりしま」でワープ。

Phot6781_0
竜ヶ水駅付近からの桜島は圧巻。最近、元気一杯の桜島ですが今日はややおとなしめかな。

[鹿児島中央]からは在来線で せんだい。仙台って一昨日泊まったな。そうじゃなくて川内(お約束)

Phot6784_0
特等席でハトが新幹線見物

Phot6791_0
川内から肥薩おれんじ鉄道で八代へ

Phot6787_0
八代海に沿って北へ北へと走ります。

八代からは再びJR鹿児島本線で [熊本]に15:58着。

Phot6799_0
この数年で熊本駅もすっかり変わりました。なんといっても新幹線開通が最大のインパクト。

さて、今夜の宿は[長崎]か[佐世保]のつもりですが、明日の事を考えると佐世保のほうが良さそう。
このまま在来線で行くと 熊本16:36→18:26鳥栖18:29→20:48諫早→21:13浦上([長崎])折り返し。
うーん、いまいち。鳥栖って案外北なんですよね。

もちろん、九州新幹線に乗ればアッという間なんですが、こちらは 普通列車しばりの「満喫きっぷ」なものでして・・・。

熊本-島原や大牟田-島原の船も考えましたが時間が合いません。始めは阿久根から天草に渡って富岡から長崎も検討していたのですが、これではここ[熊本]に来ないことに気がついたり(^^;)

逡巡しながらMapion地図を見ていると・・・長洲-多比良なんて航路がある!これは知らなかった。調べると時間もバッチリ!
熊本16:11-16:53長洲

Phot6800_0
長洲駅前には巨大な金魚が! 名産なのでしょうか。

小走り、というよりも駆け足で長洲港へ

Phot6818_0
長洲港17:10発の有明フェリーに乗船、運賃は たったの 430円! 17:55多比良港着

島原鉄道の多比良町駅まで5分ほど歩き、18:11発に余裕に間に合いました。島原鉄道も「満喫きっぷ」で乗れます。

諫早から長崎行に乗り、終点一つ手前の浦上駅で [長崎]の勲章をGet.鳥栖まわりより2時間近くも早くなりました!

この2時間で観光時間をひねり出し、路面電車で移動して稲佐山のロープウェイに向います。この路面電車も「満喫きっぷ」で。

Phot6823_0
このロープウェイは年中無休で毎日22時まで運行。しかも、昼間よりも夜のほうが運行回数が多いのです。

Phot6831_0
日本三大夜景と呼ばれる長崎市街地。

函館や神戸の夜景は平地の広がりですが、坂の町長崎の夜景は立体的。キレイ!

上りのロープウェイは15分間隔の定期便に乗ったのですが、下りは目の前で定期便が満員になって臨時便の運行。いやはや凄い人です。

山裾のバス停から中心部の大波止までいき、「みろくや」で ちゃんぽんを頂きます。

Phot6835_0
おいしい(^^)
最近も麺類食べたなあ。あ、昨日の喜多方だ(笑)

再び路面電車に乗って長崎駅へ。

Phot6836_0

長崎21:12発 快速「シーサイドライナー」は通勤通学客でいっぱい。諫早で座れました。
きょうは[佐世保]泊。

2011年10月16日 (日)

【2011夏の陣】東北北海道遠征4

今日は仙台から出発して、琥珀の地の勲章を完了させて横浜の自宅に帰る予定。

仙山線の始発・山形行は、日曜日なのに意外と乗っています。

最初の計画は、仙台6:10→[作並]→7:29羽前千歳8:11→高擶(天童の一つ南)
羽前千歳駅で40分以上待つのはツラいなあ。

あれ、地図を見ると手前の駅から北上したら [天童]エリアに掛かりそう。

Phot6707_0
慌てて仙山線・楯山駅で下車。

Phot6710_0
途中で見かけた携帯電話基地局。いつも大変お世話になっておりますm(_ _)m

25分ほど歩いた所で [天童]の勲章をGet!そこから西へ漆山駅まで。

Phot6711_0
この部分は片道切符の経路から飛び出すので別払い。 380円の予定が140円で済みました(^^) 260円を足で稼いだ感じ。

山形9:06発の「つばさ」で [米沢]を通って郡山へ。郡山と山形新幹線各駅の間には特定料金が設定されて安いので [福島]では降りずに乗り通し。

Phot6713_0
あ、E4系は自由席でも窓側にコンセント付なんですね。これは助かります!

Phot6715_0
[郡山]10:46発 磐越西線快速で [会津若松]へ。

Phot6723_0
ちょっと雲がかかっているものの磐梯山がよく見えます。

普段なら[会津若松]で一時間半待ちですが、この時期の土日には会津鉄道からの直通臨時があって

Phot6725_0
すぐに接続。12:22[喜多方]着。

Phot6731_0
駅前から市内循環バスに乗車。予想外にガイドのおばさまがいてびっくり。まぁ ちょっと恥ずかしくなるような解説ですが(何となく分かりますよね)、知らなかった事もたくさんあって1回乗るには良いかも。

Phot6738_0
さて、目的は言わずもがなの喜多方ラーメン。今回は「あべ食堂」に入ってみました。

Phot6736_0
チャーシュー麺おいしかったです(^^)
ちなみに、超有名店の 「坂内食堂」は13時を過ぎても50人以上列んでいました。

Phot6741_0
ガイドさんオススメ、和菓子の「田原屋」 建物も庭も立派。

Phot6732_0
なんでも10円の おまんじゅうがあるとかで寄ってみました。
あら、予想以上にちゃんとした商品ではありませんか。 さすがに1個だけでは気が引けたので
2個くださいと言ったら、
「はい。21円です。」
・・・いや、確かにそうなんですけどね。

ラーメンで予想以上に列んだり寄り道をしているうちに、列車の時刻が迫り駅まで小走り。

途中で見かけた公園の池

Phot6742_0
右手?

喜多方13:49発 会津若松行にはギリギリ。これを逃すと次は二時間後。ゼェーゼェー
会津若松から郡山までは変化をつけて高速バスを利用。

郡山からは片道切符の経路に戻り、 ひたすら在来線で黒磯、[宇都宮]と乗り継ぎ。

Phot6747_0
宇都宮ですれ違った 寝台特急「カシオペア」。いいなあ、乗りたいなあ。 でも乗ったら北海道に戻っちゃうか(^^;)

宇都宮からは湘南新宿ラインで横浜までひと飛び。 20:18横浜に帰還。

これで残る勲章は九州の9つとなりました(^^)

2011年10月15日 (土)

【2011夏の陣】東北北海道遠征3

今日は旭川から出発。

国盗り夏の陣、次の目的地は世界遺産になった [平泉]。
散策するつもりでしたが、現地の予報は雨。それも時折ゴォーと降るとか。
小一時間は歩くだろうことを考えると残念ながら今回は見送りかな。

その分を睡眠時間に充てて、旭川9:00発の「スーパーカムイ」に乗車。
札幌で乗継ぎ函館へ。

Phot6700_0
手前の五稜郭駅ではなにやらイベントをやっていて、いくつかの車両がホーム向かい側に停められています。 電気機関車の運転台に入れたりもするよう。
この手のイベントは間々ありますが、営業中の列車がバンバン通る同じホームで生きている線路上で乗せるとは大胆。もちろん機関車のパンタグラフは畳んでありました(^^;)

Phot6702_0
函館からは「スーパー白鳥」でサヨナラ北海道。
青函トンネルをくぐって新青森着。

Phot6703_0
新青森駅では鉄道模型の運転会をやっていました。
これがまた券売機や びゅうプラザの真ん前(^^;)
都会でやったら、ドサクサに紛れて盗まれたり壊されたりするんだろうなぁ。

Phot6704_0
新青森についた「スーパー白鳥」は団体客でいっぱい。
そういえば、修学旅行生がいて2両増結だったのですが、彼らバスで出たのかな。

新青森~盛岡は全席指定の「はやて」しか走っていないので、立席特定特急券を購入。空いている席があれば座れます。

17:14着の盛岡で一旦降りて、盛岡~北上は自由席特定特急券を別途買い。新花巻は後から出来た駅なので、北上は ”なんちゃって隣の駅”扱いで安いんです。

17:23発の仙台まで各駅に停まる「はやて」に乗り込んで気がついた。
『「やまびこ」があるから もしかするとこの切符じゃ乗れない?』

盛岡以南は自由席がある「やまびこ」も走っているので自由席料金の設定がありますが、この「はやて」は全席指定席。 本来なら「やまびこ」まで待たなきゃいけなかったのかな!?
ガラガラなのにデッキに立っている人がチラホラいるのも気になる。何で座らないの?

最悪で指定席料金追加も覚悟しましたが、北上駅の女性駅員さんは
「仙台~盛岡で一つでも停車駅がある「はやて」は自由席特急券で乗れます♪」
よかったo(^^)o

それにしてもキレイな駅員さんだったなぁ

北上17:53発で一ノ関までは在来線経由で ようやく今日一つめの[平泉]の勲章ををGet.
一ノ関から再び新幹線特定特急券で古川へ。ここも "なんちゃって隣の駅"扱い。軍資金が乏しいので安い区間しか乗れないの(^^;)

古川19:06発の陸羽東線で[鳴子温泉]駅に到着。
駅前に出ると硫黄の匂いがツンと鼻をつきます。見るとタクシー乗り場の前に、白濁した湯を満たした足湯が2つもあります。駅前足湯は最近では珍しくないですが、こんなに匂いがするのはそうそうないかも。
温泉街から歩いてきて足湯を楽しむグループが何組もやってきます。中には下駄履きで明らかに宿泊客と思われる人達も。 この辺には温泉宿しかないはずなんだけど。

Phot6705_0
駅舎内の待合室
まるで大学の階段教室のよう。こんな待合室は初めて見ました。そもそも天井高がないとこんな構造にはできないですね。

鳴子温泉20:33発で折り返し、21:44小牛田着。乗り換える21:47発 仙台行が上りの終電。これに間に合うギリギリが今朝の旭川9:00発でした。

22:06着の松島駅下車。食事で貢献と思い、地元のお店を探して仙石線・[松島海岸]駅まで歩いたものの、さすがに時間が遅すぎて空振り。予想通りですが残念。

Phot6706_0
松島海岸23:02発 仙石線の上り終電。
車両は山手線で走っていた205系なのですが、改造してあるのは分かるとして それにしても違和感があります。

よく見ると、ロングシートとクロスシートの両方に変身できる構造じゃないですか。 近鉄や東武の一部でも見られる仕組みです。
しかも、台座にはペダルがあって乗客自身がクロスシートを転換できるようになっています。ロングシート側のペダルはこの電車ではロックされていました。

あおば通23:41着。今夜は [仙台]泊。

2011年10月14日 (金)

【2011夏の陣】東北北海道遠征2

Phot6617_0
今朝の函館はいい天気!

Phot6616_0
7:00発「スーパー北斗」で一路 [札幌]を目指します。
周遊きっぷの「北海道ゾーン券」なので特急乗り放題!

Phot6619_0
大沼越しに望む駒ケ岳

途中の長万部(おしゃまんべ)駅には有名な駅弁「かにめし」がありますが、一旦降りてしまうと後の行程が大変。
この「スーパー北斗」では事前に客室乗務員さんがオーダーをとって、長万部駅で積み込んでくれるサービスがあります。

Phot6636_0
というわけで、いただきまぁす(^^)

[札幌]10:18着。すぐに小樽行の快速「いしかりライナー」に乗り換え。

Phot6639_0   Phot6655_0
銭函~朝里はこんな波打ち際を走ります。お気に入り風景の一つ。札幌駅からわずか25分ほどで こんな車窓になるギャップも印象を強くする要素でしょう。

小樽駅からはバスで [小樽市総合博物館]に向かい、駆け足で見学。

Phot6668_0
ちょうどSLが動いていて転車台に乗って車庫に入るまでの一部始終を見られてラッキー。

来た道を札幌まで戻って、次の目的地は [釧路]ですが、次の「スーパーおおぞら」まで時間があるので、とりあえず 13:07発 帯広行「スーパーとかち」で先行。
どこで途中下車しようか思案して、トマム駅で降りてみました。

Phot6684_0
スキー場がある「リゾートトマム」の為に設けられたような駅ですが、スキー以外にも色んなスポーツレジャーを展開して通年営業しています。何年か前にクルマで来たことがありますが、駅で降りたのは 駅名がまだ「石勝高原」だったと思うので少なくとも25年ぶり以上。

実は、日本にここだけしかない 「超幅広扁平バス」に乗りたかったのですが、駅で待っていた送迎車はマイクロバス。うーむ。
とりあえず見送ったものの、何も無い駅ではやっぱりすることがない(^^;)ので、お茶でもしようとホテルに向って歩きます。
あれえ? こんなに遠かったかな? タワーは見えているのですがなかなか着きません。文字通り高原の中腹で比較対象が無いので距離感がつかめないんですよね。

Phot6685_0
途中の交差点で、「超幅広扁平バス」のアイコンを発見。
左ハンドルなのは外国製だからなんですが、それにしても運転士の位置がヘンでしょ?(笑)
あまりにも幅広なんで、このバスの為の専用道路があるんです。

テニスコートやゴルフ場(道路隣接(^^;))からの楽しそうな声を聞きながら、結局20分ほど ひたすら上り坂を歩いてホテル着。ふぅ。
以前のホテルは今のタワーよりももっと下にあったとか。だから遠く感じたのね。納得。

伺ったところ、幅広バスは土日にしか走らせていないとの事。残念。1台しかないと思っていたら4台もあるとか。見たかったなぁ。
以前 乗ったことはあるのですが写真を撮った記憶がありません。もったいないことした。

Phot6676_0
一汗かいて駅まで降りてきました。あたりの山はすっかり色づいていて、ホームでは雪虫が乱舞。 もうすぐ冬なんですね。

そんなトマムから 15:47発の「スーパーおおぞら」に乗車。2時間半ぶりの釧路行なので予想通り座れず。ま、帯広までかな。
根室本線に入った御影駅で交換待ちをしたのですが、ふと外を見ると・・・

Phot6692_0
この改札口、御影石ですよね!?
JR北海道の Webサイトを見てみたら、どうやらこの辺りは御影石の産地のようで それに因んだのでしょう。

18:14[釧路]着。この編成が折り返し 19:08発の札幌行になるのですが、自由席の前には既に列んでいる人達が。えぇ? 私も乗るんだけど(^^;)座れるかな。

ちょっと心配になったものの、せっかく来たのでどこかで食事と考え、北口の「みなと食堂」をチョイス。

Phot6693_0
名物(?)の寿司セットを注文。
ありそでなさそな 「寿司とラーメン」の組み合わせ。これで 800円とはリーズナブル。

ちょっと早めに駅に戻ると自由席は混んではいるものの座ることができて一安心。
19:08発のこの列車が新千歳や札幌まで行ける最終。金曜日の今日はビジネスマンや学生が多いように見受けました。

22:58札幌着。 ここで泊まってもいいのですが、もう一頑張り。23:05発 旭川行「スーパーカムイ」に乗り換え。

ところが、室蘭本線で貨物列車が鹿と衝突して立ち往生、煽りでその後ろを走っていた函館からの「スーパー北斗」が遅れているとかで、接続待ちで発車21分遅れ。
満員で立ち客もいるほどでしたが、皆さん特に反応もなく淡々と待っておられ、よくある事なのかな。

Phot6698_0
結局、遅れを引きずったまま 0:45頃[旭川]着。このメタリックな車両カッコイイなぁ

Phot6696_0
旭川駅は今年高架化され、すっかり見違えるようになりました。

今日は列車6本しか乗っていないのですが、移動距離は 1200km以上。よく乗りました。

2011年10月13日 (木)

【2011夏の陣】東北北海道遠征1

国盗り夏の陣、あと6日という段になって ようやく重い腰を上げて急遽出陣。

100箇所中、残り35箇所。
北海道全部、東北全部+新潟県(長岡)、九州全部。
マイレージ特典航空券を使うつもりで後回しにしていた遠方がことごとく残っています。

但し、急遽決めたため北海道のヒコーキに空きが無く、昨日の21時半ころに周遊きっぷを購入。横浜駅の みどりの窓口は22時終了。23時までだと思っていたので危なかった(^^;)

東京6:08発の「とき」からスタート。

Phot6588_0
200系で意表を突かれました。まだ頑張っているんですね。

[長岡]を通って 8:14に新潟に着き8:34発の「いなほ」に乗り換え。

Phot6589_0

つかず離れず走る日本海を眺めながら [羽後本荘]経由で秋田に12:11に着きました。 「いなほ」には何度か乗っていますが、約4時間を通しで乗ったのは初めてかも知れません。

秋田からは盛岡方面へ。秋田新幹線に乗ればいいのですが、普通列車に乗って大曲まで先回り。これで特急利用金が若干安くなります(^^)
大曲13:31発 「こまち」で田沢湖線へ。

Phot6596_0
沿線の山々はところどころ紅葉が始まっています。
[角館] [小岩井]を通って 14:39 [盛岡]到着。

さて、ここからが思案のしどころ。北へ行くのですから 新青森行の新幹線に乗ればいいのですが、この岩手県の [平泉]や [遠野]も陣営に入っていますし、青函ルートよりも西にある [弘前]も考慮しなければなりません。
まだお昼過ぎですが、この3箇所全部を回ると今日は本州内から出られず、明日の行程に影響しそう。

悩んだ末に、[平泉]を帰路に回して [遠野]と[弘前]に行くことに。
盛岡から普通列車で花巻に移動、花巻15:55発 釜石行に乗車。この列車は遠野に17:00着。上りは17:01発。これを乗り継ぐのはちょっと危険なので、一駅手前の綾織駅で下車して [遠野]の勲章をget.

Phot6598_0
綾織駅では3人降りたのですが、そのうちの1人は 私と同じ上り列車に。 ということは・・・(^^;)

その来た道を戻って盛岡19:22発「はやて」に乗り込みます。[八戸]から先の去年12月に開業した区間は初乗車。 [七戸十和田]を経て20:33 [新青森]に到着。

新青森からは [弘前]へ。

Phot6601_0
巨大な りんごに出迎えられました。

弘前駅の改札内コンコースには色んなものが飾られています。

Phot6599_0
手前から、弘前城、有形文化財登録の洋館、りんご農家(?)の人形、「はやぶさ」の模型、いちばん向こうは何だろう…「リゾートしらかみ」かな。それにしてもちょっと多すぎやしないかしら(^^;)

Phot6604_0
いやはや津軽弁は難しい。 これは通訳してもらわないと分かりません(^^;)

Phot6607_0
ん? 「はやて」の模型に誰か乗っています。窓から覗いてみましょう。

Phot6606_0
しんちゃん!?

弘前から青森に戻り、22:42発 急行「はまなす」に乗車。

Phot6611_0

寝台もある夜行列車でこのまま乗っていれば札幌まで運ばれますが遠征はまだ初日。体力温存を考えて函館で宿のベッドに寝ることにします。
青森-函館は自由席の座席車。カーペットカーは満席、寝台も埋まっていたように見えましたが、座席には空席が目立ちます。

青函トンネルをくぐって北海道に上陸、1:00着の[函館]泊。2500円の宿は値段なりでしたが仕方がないかな…。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »